メイクやコスメ後のニキビケア

毛穴の黒ずみや開きなどから、お肌のお手入れに悩まされてしまうことが多くありますが、メイクやコスメを上手に行ってもニキビというものは、なかなか隠せないものです。
毛穴は皮脂腺と関係しているので、身体の皮脂腺と比べると発達しており、毛穴が目立ちやすくなっています。
皮脂が必要以上に分泌されていなくても、くぼんで黒く見えることもあり、皮脂もまた分泌しているので酸化して黒ずんでしまうこともあります。
毛穴は男性ホルモンの影響を受けて広がるのですが、皮脂が溜まりやすく毛穴が大きくなり、放置しておくと黒ずみ、またはニキビの原因にもなってしまいます。
そして生活習慣においても毛穴は広がり目だってしまうこともあるので、日頃からお手入れは欠かせません。
ホルモンバランスが乱れている頃には、男性ホルモンが多くなることが多いので、過剰な皮脂が出やすくなり詰まらせてしまうことにもなりますから、不規則を正し、生活習慣を整えながらニキビにならないように心がけましょう。

ニキビができにくいコスメの証明であるノンコメドジェニック

ニキビは10代から肌に出始め、ぷっくりと赤く膨れて、しばらく跡となって残ります。
原因は、皮脂汚れが肌に残っていたり、食生活が偏っていたり、睡眠不足やストレスが影響して肌に現れます。
コスメを使った後は、しっかり洗顔しなければ、メイクの成分が毛穴を詰まらせてニキビになってしまうこともあります。
コスメの中には、ノンコメドジェニック化粧品と言って、ニキビを悪化させたり作りにくい成分であると実験によって証明したものがあります。
化粧品に含まれる成分のうち油脂は、コメドという毛穴を詰まらせる物質を作りやすいのですが、ノンコメドジェニックテストでは人の背中部分に化粧品を塗って、コメドができるのかどうかをチェックしています。
コメドができにくいことが分かってクリア基準を達成すると、パッケージにノンコメドジェニックテスト済みという記載ができるのです。
費用の掛かるテストなのですが、大手化粧品メーカーでは多くの商品でテストを受けています。

Favorite

ネイルサロンを新宿で探す

2018/5/31 更新

『コスメ ニキビ』 最新ツイート


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/skdg38ue/adniphone.com/nikibi.html on line 84